海外だからこそできる投資|注目の海外不動産を徹底的に調査

安全な賃貸経営をサポート

女性

賃貸住宅の募集広告を見ていると、最近目立つようになってきたのが「保証人不要」という記載です。そしてこの文言には、たいていの場合(賃貸保証会社利用)というカッコ書きが続いています。賃貸保証会社は、家賃の債務保証を手がける専門事業者です。通常、賃貸住宅の家賃債務は、連帯保証人を選任することによって入居者以外の者にも履行義務を負わせます。しかし、中には事情によって連帯保証人を立てられない入居者もおり、その割合は年々増加しています。そこで登場したのが、賃貸保証会社です。賃貸保証会社は、連帯保証人のいない者を入居させても家賃債権が確実に回収できるようにとの目的をもって利用されます。入居率を安定化するという利用意図もあります。

賃貸保証会社を利用する場合、入居者はまず身元や年収、資産の額などについて審査を受けます。審査基準は会社ごとに異なりますが、クレジットカードの利用申込における場合とおおむね同じような項目について審査されると考えておけば間違いありません。審査の結果、利用が可能となった場合は、オーナーと入居者の間で賃貸借契約が結ばれるのと同時に、オーナーと保証会社、入居者と保証会社の間でもそれぞれ債務保証に関する契約が結ばれます。これにより、万が一入居者が家賃等を滞納した場合は、保証会社が入居者に代わって債務を弁済する義務が生じることになります。事務に要する経費及び保証会社の収入は、入居者が支払う保証料によって賄われます。保証料は入居時または更新時の一括払いか、あるいは毎月の家賃に上乗せする形で支払われます。