海外だからこそできる投資|注目の海外不動産を徹底的に調査

マンション購入は資産形成

マンション

自分のマンションを購入

マンション経営を行う場合の物件選びは、自分が賃貸物件を選ぶ場合より、はるかに高いレベルでのチェックが必要です。自分が住む賃貸物件を選ぶ場合には、どうせ最後は大家が責任をとるんだからという気軽な気持ちで選びます。マンション経営の物件選びは自分のものを購入するわけですから、真剣にチェックすることが重要になります。例えば、利便性や老朽化の度合い、日当たり、管理状況、設備など現地に足を運んでチェックする必要があります。どうせ他人に賃貸するだけだからと言って、表面上の投資利回りや価格だけで物件を選んでしまうと、後で大変なことになります。マンション経営は物件次第ですから、収益を生み続ける物件選びが重要になります。

マンションそのものが資本

マンション経営は、マンションを購入するものの、自分のものにするわけではありませんし、第三者に賃貸するだけですので、物件に対して思い入れが少ない場合があります。しかし、マンション経営は不動産投資ですので、マンションこそが資産になります。ローンを組んで購入する場合でも、マンションは自分の物件になるわけですから、慎重に選ばなければなりません。よく投資利回りだけで物件を決めるという話も聞きますが、実際に現地に足を運んで、その物件の条件をチェックすることが重要です。金銭投資のように価値が共通であるお金をもとにした投資ではなく、一つ一つ価値が異なるマンションをもとに投資を行うわけですから、その選び方が重要になります。